FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

配当狙うならやっぱり・・・

今期は多くの企業が減益予想を余儀なくされていますね。
私は投資を開始してから景気後退局面を経験していないひよっこですが、どういう局面にいようともコツコツ買い続けます。

しかし、減収減益でも配当予想を引き上げているところが多いです。これは配当性向のグローバル化が進んでいる証拠ではないでしょうか。
下手に配当性向の高い海外株に手を出して減益により配当減に直撃するより、配当性向の低い日本株を買い漁るのがいいと思います。

それはそうと、保有中の太陽インキ製造が配当性向による配当方針を変更し、純資産配当率(DOE:Dividend on Equity)を基にした配当施策を打ち出しました。今後は純資産配当率5%以上とするようです。
正直、配当性向しか気にしていなかった私は???だったのですが、調べてみるとなかなか面白いです。

期首と期末の純資産を足し、割る2したものを、配当から割れば、純資産配当率が導き出せるのです。
太陽インキ製造の20年3月期期首のBPSは1,383.28、期末のBPSは1,450.87。 これを足し2で割ると、1,417となります。
今期配当予想の90円を1,417で割るとDOE6.3%を導けます。

これは今までの配当性向と違ってPLだけ見ても図れないもので、BS(もちろんPLも関係するけど)から決定されるので、年毎の業績に振り回されにくく、財務安定先なら高水準な安定した配当政策だと思われます。

30分位でちゃちゃっと見ただけですが、もう少し調べてまた別記事でUPしようと思います^^。

スポンサーサイト

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たしか太陽インキ以外にも数社採用していると思うのですが、これは経営陣の並々ならぬ決意の表れですよね。
この制度は裏返せば高ROE維持を強烈に意識した経営で、簡単に言うと配当性向を考える上で資産効率も考えましょうと言うものだと捉えています。

投資家にとっては配当が安定すると考える事も出来るでしょうが、実は毎期の業績で波があると利益が出せない期(EPSが低くなる期)は効率的に資産を使えなかったツケを会社が持って投資家は高みの見物と言う事になります。
でも実は超長期保有する投資家にとっては、実は同じ事だったりします。

もちろんエージェンシーコストも含めて考えると、これだけ社外に明言する事は好感が持てて、経営の透明度も増す効果が期待出来ますが。
いずれにせよこの指標を配当政策に於いて考えて来る企業は、レベルの高い(株式会社としての意識の高い)経営をしていると言えると思います(^^)

| 株水兵 | 2008/05/16 08:30 | URL | ≫ EDIT

米国の平均が5%程度だったと思います。
期ごとに変わる1株利益の影響を受ける配当性向より、確かに安定はしますよね。
今期減益になって、配当性向○%の約束だから減配で~すなんて呑気な経営陣もいました。
少ない配当性向で、こんなこと言ってる神経がよく分かりませんよ。w
安定配当というのは、経営陣の責任だと思うんですけどね。

DOEはROEと配当性向をかけて出てくるので、ROE15%、配当性向35%で米国平均をクリアですね。
日本が05年に平均2%弱でしたから、今だともう少しましになっているでしょうか。
目標数値を示してもらえるのはありがたいのですが、数字が高すぎると経営の足枷にならないかは若干心配なところです。
例えば、配当に回すよりもより優れた戦略的投資先がある場合、配当して第三者割当増資で資金調達なんぞをされるよりは、内部留保しといて再投資してくれた方が良い場合もあると思うのです。
要は経営のバランスなんでしょうけど、難しい問題ですね。
何にしろ、高いにこしたことはないですけど。 (^-^)

| 配当金太郎 | 2008/05/16 22:34 | URL | ≫ EDIT

bowlerさん、こんにちは。

上で配当金太郎さんも仰ってますが、余剰資金潤沢な企業でも、減益見通しと配当性向30%方針を理由に減配している所もあったりして、投資家目線としては少々ガッカリしたりしています。

DOEは財務指標集本で知りましたが、なるほどEPS基準の配当性向よりもブレにくい意味はありますね。

一定のDOEを課して資産を有効活用出来なければ配当性向が高くなり、
会社としては相対的に少ない資産で回していかなければならなくなりますから、
安定配当という名の定額配当をしている旧態然とした企業などとは経営陣の意識もまるで違ってくるでしょうね。

というか、そもそも経営陣に相当の意識と決意がないとDOEを配当政策として掲げようなんて思いませんね・・・。

| baboocon19820419 | 2008/05/17 10:03 | URL | ≫ EDIT

>水兵さん

調べてみるとDOEを目標に掲げている企業は幾つかありますね~。配当性向と違って調べれば調べるほど面白いです。私もよっぽど自信がなければ公に出来ない方針だと思います。

>配当金太郎さん

配当に回さず事業に再投資して欲しい企業もあるもの確かですね。正直、太陽インキはまだそこまで大きい企業だとは思っていないので、事業に力を入れて欲しいんですけどね(^^;。別にどんな配当政策を出そうとも配当の後追いで購入したわけではないのでいいのですが、結果的にこういった方針を打ち出す企業に巡り合えのには嬉しい事です^^。

>baboocon19820419さん

確かに減配している企業もちらほら見えますね。。
元々高水準の配当原資なら分かりますが、そういうところに限って大した原資じゃないんですよね・・・(あえて企業名は出しませんが)。
アステラスは8%を目標として掲げているようです。これから日本株は面白そうです(一部を除いて・・)。

| bowler | 2008/05/17 21:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://trendline.blog65.fc2.com/tb.php/296-54dcff00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。