PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

家計改革(退職金を考える編)

サラリーマンならば多くの会社であるであろう退職金。
最近は、団塊世代の退職金を狙って多くの金融機関がお客の獲得に動いています。まさにあの手この手で^^。

我々の世代で来月辞めたらいくら貰えますか?
と聞いたらどれだけの人が即答できるのでしょうか。

私も前職を辞めるまではそれ程気にしていませんでしたが、給与改訂や退職金改訂位はチェックしていました。前職は6年勤めており、一度退職金改訂がありましたが、数十ページに渡る資料を見ての結論は削減なんですよね(^^;。
去る前にも厚生年金基金から企業年金へ移行するという通知が来ていましたが、これも削減でした(^^;。

今後我々の世代は最終的にいくら貰えるのかも本当に貰えるのか分かったもんじゃありません。期待するだけ無駄です。今後日本で予測される人口減を考えれば間違いなく今程の水準は得られないでしょうし、そもそも支給方針も一括ではなく、年金形式にしていくのが濃厚ではないでしょうか。公的年金があのような状況ですし。。。一括だとかなり削られるなんて事もありそうです。既に退職金の何割は一括、残りは年金でという企業が多いはずです。
仮に住宅ローンを退職金時に一気に返済・・と考えている方は要注意。企業業績や景況感によっていくらでもメスを入れられるお金のため計画崩れ濃厚です。
多くの人が日々の収入しか気にしていないので幾らでも改訂可能ですから(笑。

ちなみに私の転職先はポイント制の退職金制度でした。
等級によって得られる金額を積み足していくもので、○%で複利運用していくものです。この%は長プラを見ながら変えていくようです。金利が上がれば上がり、下がれば下がる(笑。前職とは比べ物にならない分かり易さでしたよ^^。(額は少なそうだが・・・)

ただし、このお金はアテにはしません。
アテにしない理由は以下の通り。

・数十年後の約束なんて分からない(改訂の可能性もある)。
・試算できる退職金と現在価値は同じではないため。


退職金は「貰えたら儲けもん」とでも思っていた方が無難でしょう。
決してライフプランに加えるべきではないと思います。
結局のところ、日々倹約して生きてしっかり貯めていくのが一番です。
給料は手元に得られる確実なモノですから。。。
スポンサーサイト

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 20:41 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

bowlerさん、こんばんは!

退職金ですか・・・、私の勤めている会社には退職金制度がありません・・・グスン。。。って言うか、たぶん無いんだと思います。退職した人は皆もらってないので・・・。残念ながら地方の小企業では、これが実情なんですよね~。

なので、私の場合は最初から退職金ゼロです。あぁ~なんだか悲しくなって来ました。

でもでも、この逆境に負けず日々努力していきま~す!

| manuw | 2007/05/27 22:33 | URL | ≫ EDIT

僕の退職金は絶好調の今辞めれば相当な額(自分で決めるので、笑)が貰えますが、3年後に辞めるとゼロになっているかもしれません。
堅気の世界が懐かしいです(>_<)
そうだ!来月会社整理しよう!(笑)
なんて真剣にやりたくなってしまう今日この頃です(^^;)

でも大抵の中小零細企業は外部の退職金制度を利用していると思うので、掛け金以外は会社が思うように弄くれないはずです。
倒産しない限り必ず貰えると思います(^^)

僕の考え方って一般的に参考にならない部分が多いですが、ここでも毒を吐かせてもらうと、仰るように将来入って来るお金の計算をするより、お金の掛からない楽しい生活を確立する方が、手っ取り早く人生の安心を手に入れる事が出来ると思います。
(もちろん衣食住費と楽しむための少々のお金は要りますが)
そうすると不思議なもので、お金って貯めるつもりはなくても勝手に貯まっていくんですよね。
お金って必要とすると貯まらなくて、必要としなくなると貯まるんだから皮肉なものです(^^;)

| 株水兵 | 2007/05/28 01:19 | URL | ≫ EDIT

>manuwさん

退職金制度無しですか、正直なところ羨ましいですよ(^^;。
そうなると「個人型の確定拠出年金」に入れますよね?

自分でPF組めますし、掛金は全額所得控除なのでこれはいいと思いますが、もうやられていますかね?
もしやられていなければ是非!

>水兵さん

外部の年金制度がありましたね・・すいません、企業年金前提で書いていました・・・。
マネー誌を立ち読みしたら、退職金をアテにしたライフプランというあまりにも勝手な特集が組まれていたのでちょっと書いちゃいました(^^;。

>お金の掛からない楽しい生活の確立
これを考えていきたいですね!

| bowler | 2007/05/28 06:50 | URL | ≫ EDIT

bowlerさん、こんばんは!

恥ずかしながら全然知りませ~ん。退職金制度無し=個人型確定拠出年金可能なんですか???

仕組みを全く理解していませんので調べてみます。もし、分からないことがあったら教えて頂いても宜しいでしょうか?宜しくお願いします。

| manuw | 2007/05/28 23:20 | URL | ≫ EDIT

>manuwさん

今見直したら何書いてんだか・・・
退職金=年金じゃないですね。。。
朝は駄目ですね・・・

失礼しましたm(。・_・。)m。

| bowler | 2007/05/28 23:36 | URL | ≫ EDIT

実は私も会社を辞めるとき、たしか退職金をもらっていません。退職金をきちんと貰えるほどの期間勤めていなかったんですよね。(^^;
しかし、企業の退職金は規程一つでいくらでも変えていけるのですから恐ろしい話ですよね。年金にしても、企業の退職金にしても本当に理不尽です。。
と言っても、積立は会社が勝手にやってくれるのですから給料の上乗せと考えれば羨ましいかぎりです。我々自営業者は退職金は全部自分で積み立てるわけですから。。(^^;

自営業者の立場から言わせてもらうと、退職金は単なる節税手段の一つです。
無駄な余剰資金を税金を払ってまで手元に置いておくならば、退職金にでもしておいた方がお得とは思っています。
退職金って天下りの役人が、できるだけ税金を払わないで手取を多くもらう手段として抜け穴的に使っているだけあって、給料に比べるとものすごい有利な税制なんですよね。
課税を繰り延べできて、さらにもらうときはほとんど税金がかからないのですから、こんなに美味しいものを使わない手はありません。
今は結構掛けている方だと思いますが、結婚して子供でもできたら大して積立で着なくなるんでしょうね。(^^;

ちなみに、確定拠出年金は制度的に「年金という名の退職金」だと思っています。(^^)

P.S
横槍で申し訳ないのですが manuwさん の場合、退職金も満足に無いような会社が、厚生年金基金をやっているとは思えないのでたぶん確定拠出年金は入れると思いますよ。(^^)

| Beaver | 2007/05/29 23:35 | URL | ≫ EDIT

>Beaverさん

>年金という名の退職金
実は私もこの記事を書きながらそんな気持ちになっていたんですよねー。退職金の明細を見ると確かに引かれる金額は少ないです。ナルホドです^^。

manuwさんの質問を見た時、Beaverさんに丸投げしようと思っていたので良かったです(笑。manuwさんはこれ見ましたかね???

| bowler | 2007/05/30 22:04 | URL | ≫ EDIT

bowlerさん、こんばんは!
Beaverさん、はじめまして!

アドバイス頂いていたにもかかわらず、返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

確定拠出年金に入れるかもしれないんですね~。なるほど・・詳しく調べてみます。。。

でも、私は何と・・所得<控除額!!なんですよね~。なので、確定拠出年金の恩恵は受けられないかもしれませんね~。悲しいです、ハイ。。。

| manuw | 2007/06/02 22:42 | URL | ≫ EDIT

>manuwさん

Beaverさんは詳しいので、何でも聞いてください(笑。

「所得<控除額」とは本当ですか・・・
うーん、どうなんでしょうね、、

| bowler | 2007/06/02 23:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://trendline.blog65.fc2.com/tb.php/177-3c50ba00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。