2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本株PF(06.06.30)




■ターゲットとの比較等

□bowlerファンド・日本株ポートフォリオ実績【先週比 △2.26% 】
□TOPIX実績【先週 1,545.57⇒今週 1,586.96 先週比 △2.67% 】

※追加銘柄がある場合は、先週比に影響がないように計算しています。
※キャッシュ(待機資金)は含みません。

◇年間予想受取配当額【 ¥220,026(税引前) 】
※日経会社情報(夏号)参照値
※SBIホールディングスは中間配当発表により、年間配当1,200円で計算。

▽売却銘柄
なし

△購入銘柄
なし

■コメント

今週は堅調な地合に支えられ、順調に推移。
先週末と比較すると、大型株の上昇が目立っている。

指数も終わってみれば6月は陽線で締めくくり。

不思議なもので、堅調になればなるほど買いたい銘柄がなくなり、
投資意欲がなくなります(笑。
下がった時のために蓄えをしっかりしとかなければなりません!

そういえば、一週間売買がなかったのは、1年以上ぶりかも(^^;。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

スポンサーサイト

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 21:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

営業の話

私はIT業界で新規顧客の開拓中心の営業をしています。

担当の業界は決まっていないので、個人的に気になる企業をピックアップして
訪問させていただいています。
多くは上場企業に行く事が多いのですが(というより、行きたいだけ・・・)、
訪問して会社紹介や、今の取り組み、今後のテーマなどをお聞きします。
一通り話し終えた後には、リレーションを構築するためいつも振る話があります。

それは何か・・・?

大企業になればなるほど、そこで会う部長さんや課長さんは会社を愛しており、
自社株を購入している事が多いのです。
ですから、少し会社の四季報レベルの話を振ってみます。
50%位の確立で食いつきます(笑。

今日訪問したお客様は、配当性向40%を行っている会社でしたが、
見事食いつきました。

「商談1時間、投資ネタ1時間15分」

仕事しろという感じですね。
しかも団塊世代は、自社株とは別に資産運用に関心が高いため、
少し話し出すと止まらない事が多いのです。
ちなみに本日は、NTTの行く末がテーマの大半でした(^^;。

今日のお客様は当初あまり仕事を振ってくれませんでしたが、
気分が良くなったおかげか、最後の最後にちょっとした依頼をしてくれました。

こういう積み重ねが新規顧客開拓の楽しさなのかもしれません^^。
ただし、こんな事やっているとなかなか結果が出ないんですよね・・・(+。+)

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

配当再投資

運用している日本株、海外株、ファンド、債券における配当金は
全て再投資していますが、私のPFの大半を占める日本株に関しては、
そこまで大きなリターンが期待できない気がしています。

理由は・・
・日本株式の配当性向が低い。
・日本株式の1単元が高い。

例えば20万の株があったとして、1%の配当だとすると、
1000万円分買っても年間10万円(税引前)の配当しか得られません。

これじゃ再投資といっても、2年経ってようやく1単元追加となってしまいます。。。
おそっ(-_-)

一方、深い感銘を受けた「株式投資の未来」
に書かれている米国株式に関しては、
配当性向も高く、1単元の価格も日本株式と比べて安いのです。

だからといって、
株式リスクに加えて為替リスクを兼ね備える海外株に
積極的に投資するわけではありません。

もちろん、キャッシュができて、円高局面にきていれば、
思い切って外貨に替えてもいいのですが、そこが海外株の難しさです。

つい最近の世界同時株安で、同時に円高も発生したため、
円ベースの下落率は、株式の下落率と同じくらいでした(笑。

逆に、円高で買い込めば円安でプラスになるのですけどね。。。
余裕資金がありませんでした。。。

配当再投資は資産増大に欠かせませんが、
それ以外にも日々の生活からも、
少しづつ無理のない程度に資金を捻出する事により、
配当再投資の効果をカバーしていけるものだと思っていますヾ(゚▽゚*)

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年間家計簿(06.06.25)②



(昨日のつづきです)

よく見ると手取りが少なそうですが、今月を例にあげれば、
「給与+ボーナス」で手取り90万円台なので、控え目に算出しすぎ。。。
まあ最低ラインで考えていた方が、上方修正余地があるという事で^^。

収入内訳
・給料はその名の通り、現在の生活の軸です。
・配当金は、運用している株・債券全ての有価証券の配当金です。
・その他は、別サイトの稼ぎです。これもちょっと控え目です。

支出内訳
・基本生活費は、食費、公共料金、雑費等です。
・住居費は、賃貸料。
・教育費は、まだ0歳児ですから。。。
・保険料は、自分、嫁、子の3人分の合計です。もう少し低いです。
・その他は、冠婚葬祭等・イベント費ですね。

作成した意味があまりないかもしれませんねー。
自己満足及び確認で。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年間家計簿(06.06.25)



いやーイエローカードの状態ですねー。

辛うじてCFはプラスですが、
教育資金がかかってきたら、ノックアウト状態です☆)゚ロ゚)ノ グハッ!!

もちろん最低ラインで、表を作成してはいるものの、
実際は貯金ができていないような。。。
嫁さんに任せている家計簿を見ると、
子供が産まれてからは出産祝い返し等の費用がかさんでいます。。。
まあ来年からは貯まるのかな・・・?

そして来年は嫁さんが仕事に復帰予定です!
出産前までは、私より給料が多かったですが、もうそれもないでしょうねぇ。
(当たり前ですが、子供のために定時帰りだからです)

しかし、同時に「保育園」の出費もかかってきます。
毎月8万円位かかるんですよね・・・(; ̄ー ̄川。
収入と支出を天秤にかけるとどうなんだ???

お金を殖やすためには、この表上のCFをプラスに高めて行く事が重要です!
が、時間×労働=収入の図式じゃ限界もありますよねー。
難しいところですが。。。

次回は、各項目の説明という事で。
(つづく)

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  


| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本株PF(06.06.23)




■ターゲットとの比較等

□柳生ファンド・日本株ポートフォリオ実績【先週比 △2.27% 】
□TOPIX実績【先週 1,534.71⇒今週 1,545.57 先週比 △0.71% 】

※追加銘柄がある場合は、先週比に影響がないように計算しています。
※キャッシュ(待機資金)は含みません。

◇年間予想受取配当額【 ¥208,026(税引前) 】※日経会社情報(夏号)参照値

▽売却銘柄
-プロシップ
株主総会出席により、経営者にお金を預けるのに不安を感じたため。
質問は議決に関する事以外不可。社長の進行に疑問など、その他もろもろの理由。

△購入銘柄
-アイ・ロジスティックス
-日東工器

■コメント

バイ&ホールドを基本としていたが、1銘柄売却。
ただし、利益確定目的ではなく、会社の考えに疑問を感じ、
保有している事に不安を感じるため。

今後、新興企業の株主総会やIR説明会には積極的に参加し、
経営者や社風(?)を直に確認しに行く事が重要だと認識しました。

資金追加と、売却によりできた資金によって、2銘柄組入。

海外株比率も増やしたいが、円安がネックに。。。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 10:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株の税金について考える

株を売買して売却益を得た場合には
「株式譲渡益課税」という税金が、現在10%かかりますよね。
ただし、平成19年12月31日までの優遇税率が適用されているので、
平成20年1月1日以降に得た売却益には20%の税金が適用されます。

↑は今はあまり関心がないのですが、インカム派の観点から見ても、
配当金を得た場合にかかる「配当課税」の税率も10%かかっています。
しかしこれも平成20年3月31日までの優遇税率ですので、
平成20年4月1日以降に得た配当金には20%の税率が適用されてしまいます。

今現在、配当金増大をテーマに
『bowlerホールディングス』の収益力強化を図っていますが、
今後は微々たるものであったとしても、
多少なりとも税金を免れるような銘柄を選択していきたいと思っています。

最たる例は、やはり優待です。
金券には税金がかかってきません。
中には30万ほどで、5千円のギフト券をくれるところもありますし、探せば色々です。

本日購入した銘柄は、残念ながらそういう銘柄ではなかったのですが、
今後はこの辺りも考えて購入を検討していきます。
(※言うまでもありませんが、優待メインで投資するわけではありません)

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  


| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

預貯金も大事

本日、夏のボーナスの明細が届きました。
今回で6回目の夏のボーナス支給となるのですが、
昨年を10万ほど上回って過去最高の支給となりました(・-・*)ヌフフ♪

ただ、冬のボーナスに関しては、1年目の支給額が最高なのです。。。
未だに抜けないのは一体・・・(w_-; ウゥ・・

今週支給の、「給与+ボーナス」の1/3は投資資金に移します。
投資先は、先日発売された「会社情報」に影響されているため、
個別日本株とする予定です。
本日は買いを見送ったので、近いうちに数候補の中から1銘柄購入します。

正直、これ以上投資に回すと、嫁さんから文句を言われる可能性が高いです。
今後、色々と出費がかさんでくるので、預貯金もきちんと確保しておきたいところです。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下落歓迎

ボーナス支給前に買いやすくしてくれるなんて、
ありがとうの一言です(人´∀`)Thanks!!

実は、子供貯金以外で追加投資をするのは、1年半ぶりとなります。
追加投資に踏み切る理由は、
このブログ開設によりスイングから長期スタンスに変えたためです。
今後は定期的に、資金を投入していきます。

不思議なもので、永続するであろう個別株式を買い集めようと決意すると、
下落が嬉しいものです。
それだけ安い価格で個別株を買い集められるわけですからね~。
フルインベストメントを基本としていますが、安く買えるに超した事はないです^^。

日本株はもちろん、海外株も含めて、日々数十万変動がありますが、
どうでもよくなってきました。
気になるのは保有している企業の業績のみです。
bowlerHD傘下に組み込まれたからには、頑張っていただきたいものです。
ファイトォォォ!!( ・□・)乂(・□・ )イッパァァァツ!!

今週末がボーナス支給日なので、上がらないで欲しいと祈っております( ̄人 ̄)
(我慢できなくて明日買っちゃうかも(^^;。)

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おサイフケータイ購入

私はIDO時代からのauユーザーです。
(会社では少し問題ですが・・)

マイルをより多く貯めるために、EDYが必要不可欠なので、
本日、おサイフケータイ搭載のW41CAを購入しました。
(画面はメイン口座のEトレード^^)


電子マネーでは、EDYよりSUICAの方が個人的にはお気に入りなのですが、
EDYには特典がいっぱいです。

つまり前回で書いた記事でいう、ポイント還元率が高いという事です。

ズバリ、EDYでの買い物200円につき1マイルが貯まるんです。
知っている人はもちろん知っているんですけど、
普段興味のない人は知らないと思うのですよ。
現に私は2ヶ月前くらいに知りました。。。

更に、EDYへのチャージは店ではなくて、クレジットカードで行えば、
その分も利用としてクレジットカードにポイントがつくわけです。

つまり、
EDYにチャージ ⇒ クレジットカードのポイント付与
EDY利用 ⇒ 200円につき1マイル
という感じです。

例えば、私はマツキヨに行く事が多々ありますが、
今までなら現金で支払って、マツキヨポイントつけてもらって終わりです。

しかし、今後EDY決済にすれば、
クレジットカードポイント
マイル
マツキヨポイント
と、3種別々のポイントが付与されるわけです。

現金で買うのもったいないと感じませんかね?

今後はコンビニでも、ampmやサンクスで買い物する時はEDY決済にしちゃいます。
というより、EDYの使えるコンビニ以外使わないな。。。

まだまだ、お得なのがあるのですが、使いながらUPしていこうと思います。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1単元づつの投資



ことわざに、「卵は1つのカゴに盛らず、複数のカゴに分けて運べ」というのがあります。
複数のカゴを分けておけば、たとえ1つのカゴを落としても、
他のカゴの卵は割れずに残ります。
これは投資の世界にもあてはまると言われていますよね。

株式に投資するとき、A社だけの株式を購入すると、
資産価値はA社の動きだけに左右されることになり、
A社の株式が下がれば資産価値も減ってしまいます。
では、いろいろな会社の株式を少しずつ買ったらどうなるでしょうか。
これらの株式はみな違う会社の株式ですから、
値段の動き方もそれぞれ違うでしょう。
いくつかの株式が値下がりしても、他の株式が値上がりし、
その益で損をカバーすることができるかもしれません。
つまり、複数のものに少しずつ分けて投資する方が
より安定的に運用することができますね、これが分散投資の効果です。

ここで株式に限って書きましたが、
別の見方をすれば日本株式だけではなく、
海外株式や債券などに分散させるという方がシックリくるかもしれません。

また、色々な株式を複数買うお金なんてないよ!
という方がいらっしゃいますが、それはごもっともです。
私は資金の無いうちは投資信託の選択もあると思いますし、
場合によっては国際優良株であるならば
その株だけから初めてもいいのではないかと私は思っています。

ごちゃごちゃ書いていますが、欲しい株ってやっぱり信じてしまうので、
そこを我慢して少しづつ買うようにしているのです。
それに、この世界に入り浸っていると、欲しい銘柄が次から次へと出てきますしね(^^;。
多くの企業のオーナーになった方がよくないですか?
私は極端な話、100銘柄のオーナーになりたいです(笑。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポイントの年間発行額3300億円

ポイントの年間発行額3300億円

野村総合研究所の推計では、日本での主要業種で
年間3300億円に相当するポイントやマイルが発行されているとの事。

クーポンやスタンプを含めると総額は1兆円を超すとも言われています。

すごいですよね\(◎o◎)/

でもよく考えれば、どの店も軒並みポイントカード等を発行しています。

携帯電話(上位3社)・・・861.7億円
航空(上位2社)・・・745.6億円
クレジットカード・・・713.7億円
家電量販店(上位10社)・・・323.3億円
総合スーパー(上位5社)・・・299.2億円
百貨店(上位10社)・・・288.7億円
コンビニエンスストア(上位4社)・・・46.9億円
ドラッグストア(上位5社)・・・34.9億円

ポイントを提供する企業の連携が業種を超えて進んでおり、
ポイントを使って手に入れられる商品やサービスの種類は格段に広がっています。
もはやポイントの機能は通貨に近いものがありますね。

これを重視して生活すると結構貯まります。。。
一回一回は僅かなものですが、これこそ「塵も積もれば山となる」です!

ここで浮いたお金で、
家族旅行、投資資金追加・・・
(^m^♪)ウシシ!

このカテゴリでは、ポイントゲットの推移を公開していきます!

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本株PF(06.06.16)



■ベンチマークとの比較

□柳生ファンド・日本株ポートフォリオ実績【先週比 - 】
□TOPIX実績【先週 1,498.68⇒今週 1,534.71 先週比 △2.40% 】

※追加銘柄がある場合は、先週比に影響がないように計算します。
※キャッシュ(待機資金)は含みません。

◇年間予想受取配当額【 ¥200,026(税引前) 】※日経会社情報(夏号)参照値

■コメント

今週は、日本株PFを火曜日に公表したため、パフォーマンスを表示していません。
来週より表示します。

来週はボーナス及び給料支給により、待機資金増加になるため、
長期調整を希望していたものの、あっさりと上昇してしまいました。

焦らず、慌てず、諦めずの精神でじっくりと買い場を待ちます。
場合によっては、米国株あるいは、個人向け国債を手掛けるかもしれません。

日本株PFは、あくまでも受取配当額の増大がテーマとなります。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季報発売日

今日は四季報夏号の発売日でした。
といっても、購入したのは日経会社情報です(^^)。

今回からは、今までのように上がりそうな株を探すのではなく、
永続する企業を探すのが楽しみです。

今日の日経平均は続伸しましたが、残念です(゚◇゚)。。。
購入予定の株があるので来週まで、待って欲しいところ。。。
日本株は1単位あたりの購入額が大きいので、資金調達が大変ですよね。

毎月の一定資金、ボーナス時の一部、配当金を貯めていき、
調整局面でゴソッと買い漁り!
これがいいですね^^。

このまま上げていくようなら買いは見送りです。。。
貯めれば貯めるほど次の調整で買う株が増えるのです!

最近、投資意欲は基より、貯金意欲も湧いていますp(^^)q。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供貯金の貯め方



子供が産まれてから9ヶ月が過ぎています。
表は子供用貯金の9ヶ月間累計になります。

改めてこの口座についてまとめますと、、、

■この口座は将来子供が家を出る時に渡すべきものです。
⇒教育資金ではありません!
■節目節目にある祝い金は全て貯金。
⇒祝い返しは私が負担(^^;)

また、この貯めたお金をそのまま銀行口座に放置しません(*^^)/。
貯めたお金は、私が運用するメイン口座の「bowlerファンド」に出資していただきます。

ただし、資産減リスクはありません。つまり元本保証です。
更なる特典は、この運用から得られる日本株の配当金を全て子供貯金に回します。
単純に今期は配当金分だけで、20万円が貯金できるわけです。
その代わり、キャピタルゲインは無しです。
ファンドの総資産が倍になったとしても、子供貯金は倍にはなりません。

私のような平凡なサラリーマンのように、
日々の生活費から捻出が難しい家庭には、
有効な手立てだと思います。

これを20年続け、その間に積み上げられる配当と貯金といったら
莫大だろうなと今から密かに楽しみです('-'*)フフ。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  

| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本株PF(06.06.13)




このところよく下がりますね。
ヨダレが出る銘柄がちらちら目につきます(^¬^)。

図は日本株のみのPFです。
購入の基本条件は・・・
◆PER20倍以下
◆配当1%以上
◆配当がなくても優待でカバーされていればOK

といったところでしょうか。
少し例外もありますね・・・。
今のPFだけで、1年保有し続ければ毎年20万円の配当が得られます。

今まではスイング中心でしたが、
そろそろ保有し続ける忍耐力を持ちたいところです。
いつまでも投機家ではいられません。
安いと思って購入したわけですから、今後は保有するつもりです。
売る時は、業績に陰りや何か問題が生じた時に限ります。

昨年の上昇を考えれば、この程度の下落は大した事ありませんね。

目先の株価に翻弄されず、もっと先を見ていきたいですね^^。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メイン口座の運用方針



メイン口座は御覧のような5つの金融商品でポートフォリオを組んでいます。

日本に住んでいるだけに日本株式の比率が70%と突出しています。
それ以外は日本以外という事になります。

PF構築は「内藤忍の資産設計塾(実践編)」の
アセットアロケーションに基づいていますが、
どう見ても株式に偏っています(^^;。

なぜ株式に偏っているかといいますと、株式の過去の統計から見ても
「期待リターン」が最も高いからです。
上記の本に1970年から2004年(計35年間)の上昇率を出していますが、
この間日本株式は年率9.9%、
海外株式は9%
の上昇をしているのです。
もちろんこの間、1年で40%近い下落の年もあるものの、
長期で見れば上昇しているのです。
年率10%近い上昇率の金融商品なんてありますかね?(笑

でもこれは考えてみれば当たり前なんです。なぜなら・・・

・企業も世界の国々も常に成長している
今後も日本、あるいは日本企業が成長を続けられるかは分かりません。
ですが、日本が成長しなければ、どうせ我々の生活も終わりですから~。
成長し続ければ波はあっても長期的に株価は上がります。

・35年前と今の物価が違う(つまりインフレ率)
お金の価値そのものが下がっているのです。
なので株価が上がらないはずがないよね。
つまり現金のみを持っていたらw(☆o◎)wという状態になります。

組入比率の高い日本株式は昨年の大幅な上昇によって
ちょっと高くなった感がありましたが、
このところの調整で多少和らいだんではないでしょうか。
そして、私はまだ下落トレンドにはならないと思っています。

なぜならここに来て、トヨタを初めとして武田薬品、キャノン、
そして株主重視とは正反対の経営をしていたファナックまでが配当政策を見直し、
配当に対する会社の姿勢が明らかに変わってきたからです。
配当を増やせば、利回りのいい株が買われるのが金利市場の常。
それでも欧米に比べまだ低いのですから、面白くなってきたと思っています^^。

また、デフレ脱却を目指す日本が今度はインフレに向かうと考えれば
株価が上がらないはずはないと思います。
原油価格上昇、マンション等の建材価格上昇、
紙、マックも値上げと言ってきましたね。
すでにインフレ方向にシフトしていると言っていいのではないでしょうか。

それと書くまでもないですが、株式は全て「現物」です。
私は信用口座を開設していません。

株式の含み損すら気にならない精神力さえ持てれば、
相場に勝つ可能性は上がるはずです。
なぜなら個人投資家は「時間」を武器に出来るからです。
この口座の運用期間は「30年超」
この期間の配当金は莫大です。下手な年金よりかなり効果的です。
あとは「永続できる企業」さえ選択していれば、
短期間の意味の無い株価の上下の波に気を取られる事はありません。
バリュエーションのある銘柄を保有し続ける事が一番ではないでしょうか。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家の4つの口座



我が家では、資産を4つのポケットに分けています。

一番重要なのは「Free口座」
ここに毎月の給料が支払われるわけで、当たり前ですが全ての原点です。
常にいくらかは入っており、入出金が頻繁です。

次に重要なのは「2nd口座」
子供が産まれてからかなりきついですが、
今年から毎月1万8千円づつ貯金し、
現状まだ10万円ちょいしか貯まっていません。。。
ここをどう殖やしていくかが我が家の最大の課題です。

「メイン口座」は数千万と額が突出しており、
精神的に支えになっているのは確かではありますが、
これを当てにする事なく生活しています。
ここに入れたお金は私が退職するまで出金不可となります。
資産運用中ですので、資産額は上下しています。

「3rd口座」は将来子供が家を出るときように貯めているものです。
教育資金ではありません。
児童手当や親戚からのお祝いを貯めています。
お祝いをもらえば返さねばなりませんが、
それは「Free口座」で負担しています。
また、ここでの貯金は全て特例としてメイン口座に入れられます。
詳細は後日UP。

今後は、各口座一つ一つについて触れてきます。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資のリスクとリターン

投資にはリスクがつきものです。
一般に「リスク」=「危険」と思いがちですが、それは違います。
投資の世界では運用結果の変動の大きさ、つまり「不確実性」のことを指します。
つまり、期待以上の収益が上がることも「リスク」なのです。

「ハイ・リスク、ハイ・リターン」という言葉がありますが、
リスクとリターンは表裏一体で、
リスクが高い(値動きの振れ幅が大きい)ものは、
期待リターン(その投資により得られると期待される収益)も高くなります。
逆に、リスクが低いものは期待リターンも低くなります。(当たり前ですね・・)

投資というのは、インフレ回避にも有効な一つです。
インフレによってモノの値段が上がると、
相対的にお金の価値が下がってしまうからです。
貯金だけしてて、モノの値段だけ上がっていったら困りますよね。
例えば、退職後の豪華な旅行を楽しみにして、
今からお金(100万円)を準備していたとします。
毎年3%のインフレが起こった場合、
今100万円の旅行代金が、20年後には181万円になってしまいます。
つまり、この場合は少なくとも手元資金を3%以上で運用をしないと、
実質的にお金の価値が下がってしまい、
思い描いていた旅行にいつまでたっても行けなくなってしまいます。
ですから、お金を運用をするときには、
最低でもインフレ率を上回る運用を心がける必要があるのです。
現在の原油高騰や金価格上昇はその先がけだと感じています。

代表的な金融商品3つの特性の簡易図と説明です。


【預貯金】
あらかじめ利息が決まっているか、
または収益のブレがほとんどありません。
つまりリスクは低いのですが、大きな収益は期待できません。
【債券】
利息の支払や元本返済があらかじめ決まっている分だけ
収益は確実ですが、途中換金するときの値段は上下に変動するので、
預貯金よりも高いリスクがあるといえます。
そのリスクを負う分、期待リターンは預貯金より大きくなります。
【株式】
債券のような約束ごとがない分、
値動きの振れ幅=リスクは債券よりもさらに大きくなります。
その分、期待リターンも債券より大きくなります。


( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積立と複利の効果

投資を行う上で、資産を殖やす為に
必要な投資資金を貯金によって貯めると思いますが、
これは投資を行う上で、個人的にかなり重要だと思っています。


貯められない人は殖やせない。


投資資金はあるに超した事はありません。
別に貯めたお金を全て投資に!と言っているわけでなく、
1000万貯めて100万を投資でもいいと思うのです。
ただし、100万しか貯められない人が
投資でお金を殖やそうと思っていても、理論上無理でしょう。

なぜなら、投資も徐々に積立していった方が、効力を発揮するからです。
元手でだけで、やっていても限界があり、高いパフォーマンスは得られません。
相場は上下します。その度にグッドタイミングで利益確定などできるでしょうか?
私はできません。
ですから、下がれば買う。このスタンスが重要だと思います。
元から貯金そのものが出来ず資金の調達が出来ない人には、
向かないという事になりますね。

ですから積立(貯金)は重要なのです。

余談ですが、よく投資は余裕資金でやろうというのがありますが、
余裕資金なんてフツーないですよね?
余裕資金と言っている時点で勝ちの無い戦に出ているようなものじゃないですか?
お金は大事です。だからこそ勉強してきちんと運用していきたい。

ところで「72の法則」というのをご存知でしょうか?

これは投資した元本を2倍にするために、
どれだけの金利と運用年数が必要であるかを簡単に計算する方法です。

72=金利(%)×年数

が公式です。

例えば、100万円を2倍の200万円にする場合、
運用利率5%で72÷5%=約14年ですが、
運用利率が0.2%では72÷0.2%=約360年もかかってしまいます。

預金額を倍にするのにかかる時間
2%・・・36年
4%・・・18年
6%・・・12年
8%・・・9年


こうして見ると、元本確保で安全な運用利率は低い定期預金で運用しても
お金はなかなか増えないことがわかります。
お金を増やそうと思ったら、資金の幾分かはある程度リスクをとって
リターンの高い商品で運用する必要がありますね。

例えば毎月18,000円を1ヶ月複利で運用しながら30年間積み立てていくと、
下図のようになります。全然違いますよね。



正直、18,000円を初月から上記の利回りで運用はできないんですけどね(^^;。
まあイメージという事で。。。
というより、我が家は毎月18,000円の貯金をしているのです(^^ゞ。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資履歴

私が金融商品に手を出したのは入社3年目(2003年)の冬になります。
その頃は実家にいたおかげで、400万円の貯金ができていました。
当時はネット銀行の定期預金0.5%に常に預けておいたのですが、
マネー誌のZAIや日経マネーで金融商品に興味を持っていたのです。

そしてデビューは、「外貨預金」と「投資信託」でした。
しかし、いずれも上手くいきませんでした(ーー;)。
今思えば、日々の値動きが気になってしまい、すぐ利益確定してしまうからです。
そして損切りも多かったです・・・。

4年目(2004年)になる頃には株式投資を始めていました。
ちょうど日経平均が1万円から1万2千円に上がる頃で、
地合のおかげでデビュー仕立ての私でも簡単に利益が出せました。
株価チェックするのが楽しくてしょうがなかったですねー。
このままどこまで増えるのか~とルンルンでした(・-・*)ヌフフ♪


しかし甘くはなかった・・・


2004年5月に「三菱自動車」の問題が発覚し、株式相場は急落。
私はその時銀行ブームに乗っかって、
「三菱東京FG」に集中投資していました(結婚資金までも・・)。
三菱自動車に支援するという事で直撃だったのです・・・。
2日くらいで-100万円近くになったと記憶しています。
2年前の100万円ですからね~それはもう仕事が手につかなかったです(*_*)

細かい説明は省きますが、三菱東京FGは泣く泣く損切りしました。
投資デビューの2004年は上昇相場にも関わらず、
年間マイナス収支になったのです。

正直な話、もう株式投資はやめようと思いました。
投資信託も外貨預金(ソニー銀行)も為替証拠金(FX)もやりましたが、
堅実に貯金していこうと思ったわけです。

ただ、損失になった原因を考えるとやはり勉強不足が大きいと思っていました。
なぜなら、始めた当初から何も考えずに買って儲かっていたからです。
結局洗礼を受けましたが・・。

そこでなるべく多くの投資本を読み漁り、
2005年から再チャレンジするいう事を嫁さんに了承をもらいました。
(2004年の秋に結婚しています)
元手は夫婦の貯金合算で1000万円ちょっとでした。

・・・と書きつつ、2005年の私の資産がどうなったかはどうでもいいのです。
よく昨年の大相場で大儲けしたとか騒いでいる方がいらっしゃいますが、
昨年はよっぽどでなければ誰でも勝てる相場です。
今年の急落で去年の儲けを吹き飛ばしている人も少なくないと思います。

2006年はライブドアショックや、今の調整局面があり、
私の今年のパフォーマンスはマイナスです。

昨年の異常な相場の思いを断ち切るためにも、
今苦しいこの時期に投資スタンス維持のために、綴っていこうと思います。

( ランキングに参加しています。ご投票よろしくです(-m-)。 )
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓
  



| 【恥ずかしい過去ログたち】 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。