| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年2Qのポートフォリオ


現在のポートフォリオは、海外株14銘柄(ETF3銘柄含む)、日本株13銘柄、J-REIT3銘柄です。上位5銘柄は以下の通り。
上位5銘柄(2016/7/1時点)
銘柄
保有比率
【JNJ】Johnson & Johnson
12.63%
【9437】エヌ・ティ・ティ・ドコモ
6.44%
【KO】Coca-Cola
6.41%
【PG】Procter & Gamble
6.22%
【K】Kellogg
6.18%

円高により海外株が比率を下げる中、JNJだけは円高にも関わらず株価上昇により比率を上げていました。海外株では、Kも健闘しており、エネルギー関連のXOMとBPも株価が戻ってきています。
日本株はキヤノンがランク外、代わりにドコモがランクイン。

運用資産評価額は3Q終了(2016.6.30)時点で昨年末比▼5.38%
過去11年の投資期間でマイナス運用は3回ありますが、今年で4回目になりそうです。
スポンサーサイト

| アセアロバナシ | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年1Qのポートフォリオ


現在のポートフォリオは、海外株14銘柄(ETF3銘柄含む)、日本株13銘柄、J-REIT3銘柄です。上位5銘柄は以下の通り。
上位5銘柄(2016/4/1時点)
銘柄
保有比率
【JNJ】Johnson & Johnson
12.04%
【KO】Coca-Cola
7.04%
【PG】Procter & Gamble
6.49%
【K】Kellogg
6.25%
【7751】キヤノン
5.79%

昨年末と比較して、MRFが減少して、日本株比率が上がっています。
今後の配当増が見込まれる会社を選ぶとなると、有価証券報告書で調査可能な日本の成長株一択になっている状況です。
海外株に関しては、安定している大型株は既に十分に保有しているため、NISA活用を考え買付手数料無料のETFが投資対象になりそうです。

とにかく配当を増やしていきたいため、資産増減は重要な指標としていませんが、1Q終了(2016.3.31)時点で昨年末比▼1.21%で推移。思ったより持ち直していました。円高基調ではあるものの、海外株は横這いで推移しているのが要因でした。

| アセアロバナシ | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。